製品情報

HOME > 製品情報 > FC Replicator製品概要

FC Replicator

FC Replicatorについて

FCReplicator は、遠隔地への高速バックアップシステムや、マルチサイト・マルチマスタなどの高度なシステム連携を実現するデータベースレプリケーションの定番ソフトウェアです。
->レプリケーションとは


Windowsだけでなく、LINUXやUNIX上のデータベースに対してもWindowsOSのコンピュータからGUIの設定ツールで、レプリケーション設定が行えますので、誰でも簡単に高度なレプリケーションシステムを構築することができます。


FCReplicator の 特徴

マルチDB対応

Oracle、SQLServerなどの商用データベースに加え、PostgreSQL ( 個別対応 )にも対応し、異なるデータベース間のレプリケーションを実現

クロスプラットフォーム

Oracle - SQLServe、Oracle - PostgreSQL などの異なるデータベースプラットフォームでも簡単にレプリケーションが可能

マルチマスタ 対応

マスタサイト同士で双方向に更新が可能

マルチサイト 対応

1マスタサーバに対して、複数サーバのレプリケーションが可能

便利な導入支援ツール

設定ツールは、Windowsで動作するGUI型のアプリケーションが付属

高速

独自の高速レプリケーション技術を搭載し、
ISDNやDSLなどの回線下でも大量データのレプリケーションが可能

低負荷

プル型レプリケーション方式を採用
複数サイトから、本社への一括集中型のレプリケーションにも最適

非同期レプリケーション

マスタサーバがダウンした場合、スレーブサーバで運用が継続可能な非同期方式を採用

柔軟な設定

レプリケーションインターバルを1秒から設定が可能
テーブル単位のレプリケーション設定

 
ソフトウェア構成

1 .FCReplicator (マスタサーバ / レプリカサーバ)

2 .FastConnector Server (マスタサーバ / レプリカサーバ)

3 .管理ツール (管理者用コンピュータ)

 

※右の画面は、レプリケーションデータを確認する画面


 
動作イメージ


マスタサーバ

1.
2.

マスタDBを更新する。
マスタDBのトリガーが実行され、JOBQUE表にデータ(SQL文)が書き込まれる。 

 
 

レプリカサーバ

1.


2.
3.

レプリカサーバ側のFCReplicatorは一定間隔でマスタサーバ側のJOBQUE表を確認。更新情報が存在する場合は取得する。
レプリカDBを更新する。
マスタサーバのJOBQUE表に更新完了フラグを立てる。

FCReplicator は、On Oracle 商品です。
※ On OracleはORACLE Corporationの商標です。