製品情報

HOME > 製品情報 > FastConnector > 製品概要

WindowsMobile(WindowsCE)に対応したデータベースアクセス高速化ミドルウェアFastConnectorについて

FastConnectorについて

FastConnector は、デジタルデザインのコアテクノロジーである 独自の圧縮転送技術 ( 特許第3598495 ) を採用することでソフトウェアでの通信高速化を実現した、RDBMS用データアクセスの定番ソフトウェアです Windows Mobile等のPDA端末に搭載することで、効果的な開発を行うことができます。

※FastConnector は、データベースアクセス専用のソフトウェアです。


モバイル/ワイヤレスシーンに最適化


モバイル/ワイヤレスシーンで利用されることの多い業務用WindowsMobile端末の通信環境は、無線やCFカードを使った通信が多く、オフラインや不慮の通信遮断を考慮したアプリケーション開発方式を選ばなければなりません。
デジタルデザインでは、多くのWindowsMobileアプリケーションに携わった経験から、WindowsMobile端末での開発をウェブベースではなく、オフラインでも利用でき、複雑なGUIも手軽に提供可能なクライアントサーバ方式をおすすめいたします。 FastConnector は、PCベースのアプリケーション構築と同様にクライアントサーバ型アプリケーションから直接SQLを発行することができ、トランザクション機能も利用できるため、WindowsMobileにおいてもクリティカルな業務アプリケーションを手軽に構築することができます。


おすすめユーザ


以下のような開発ユーザ様へ、導入をおすすめしております。

 ・モバイル端末からのデータベース接続が不安定、通信コストを抑えたい
FastConnectorは独自の圧縮技術で、複数回に渡るパケット通信を一括で行います。
結果、レスポンス速度が向上・待ち時間が減少し、スムーズな通信を実現します。
更に通信費が従量課金制の場合は、コストの大幅な削減が見込めます。

通信イメージ


 ・既存のOracleデータベースに、モバイル端末から直接アクセスしたい
Oracleのように、データベースに対してダイレクトにアクセスできるミドルウェアが提供されていない場合でも、 FastConnectorを利用することで、ダイレクトにデータベースへアクセスすることが可能です。( FastConnectorは、on Oracle製品です )



ソフトウェア構成

FastConnector は、クライアントソフト ( FastConnector Object 略称:FCO ) と、サーバソフト ( FastConnector Server 略称:FCS ) の2つのコンポーネントから、構成されています。
クライアントコンピュータ側のFCOと、データベースサーバ側のFCSの間では、検索結果表のプリフェッチやデータ圧縮など、FastConnector の持つ さまざまなアルゴリズムにより、通信手順の最適化が行われています。



ハードウェア構成  

10数台の倉庫業務から、数千台規模の運用まで


FastConnectorのソフトウェアは、クライアントlibファイルとサーバソフトという小さな2つのモジュールから構成されています。
サーバソフトは、DBサーバの中にインストールしてご利用いただけますので、FastConnector専用にハードウェアを用意する必要がありません。
また、数千台規模のご利用のケースには、ロードバランサー機器と組み合わせていただくことで、負荷分散や冗長化構成をとることも可能です。


動作確認済みメーカー


日本シンボルテクノロジー、カシオ計算機、富士通、NEC、東芝、シャープ、日本HP、その他
( 海外端末等実績あり )
お問い合わせページより、ご検討中のWindows端末の機種名とご利用希望時期をお送りください。 サポート担当より追ってご回答させていただきます。
※ 機種がお決まりでない場合は、当社推奨端末をご紹介させていただきます。

WindowsCE端末への組み込み販売(OEM提供)について

FastConnector を WindowsMobile 端末 ( または、WindowsMobileを使ったアプリケーション ) にプリインストールでの出荷をご希望の企業様には、通常のライセンス体系とは別のOEM用ライセンスのご提供をいたしております。

住友倉庫様ご採用事例記事



※ Real Application Clusters などの大規模なクラスタ構成では、FastConnector Server を
   データベースサーバではなく別筐体の専用サーバにインストールいただくことで、スケーラビリティを
   確保することができます。

   FastConnector Server の ロードバランシングのご要望につきましては、
   別途お問い合わせください。


FastConnectorのAPIを使ったコーディングサンプル

( 詳しい内容は、こちらの 評価版 にてご確認ください )


'変数宣言
Dim sSQL As String  'SQL
Dim lMaxRow As Long  '最大行数
Dim lCntRow As Long  '行カウント用
Dim sArrTbl() As String  '配列
Dim nHstmt As Integer  'ハンドルステートメント


'ハンドルステートメント確保
nHstmt = FCO.GetHstmt


'SQL
sSQL = "SELECT EMPNO,ENAME FROM EMP"


'実行
lMaxRow = FCO.SelectAllDirect(sSQL, nHstmt)

'動的配列変数に対するメモリ領域の再割り当て
ReDim sArrTbl(1 To lMaxRow, 1 To 2)

'最大行数分ループ

For lCntRow = 1 To lMaxRow


'取得
sArrTbl(lCntRow, 1) = FCO.GetRowCol(lCntRow, "EMPNO", nHstmt)
sArrTbl(lCntRow, 2) = FCO.GetRowCol(lCntRow, "ENAME", nHstmt)

Next lCntRow


'ハンドルステートメント解放
FCO.EndHstmt (nHstmt)

FastConnectorは、On Oracle 商品です。
日本オラクル様 オラクル通信にFastConnector事例記事(株式会社テックエンジニアリング様)を掲載いただきました。
※ On OracleはORACLE Corporationの商標です。
 ※ LotusおよびDominoは、IBM CorporationおよびLotus Development Corporationの商標です。
 ※ Oracleは、米国ORACLE Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
 ※ Windows、Windows Server、SQLServer は、米国Microsoft Corp.の米国及びその他の国に
       おける商標 または、登録商標 です。