ニュース

HOME > ニュース > ニュース詳細

ニュース詳細

2007.05.07

データ転送技術に関する特許を中国で取得

株式会社デジタルデザイン(本社:大阪市北区、代表取締役社長:寺井和彦)は、自社ソフトウエアである「FastConnector」シリーズに使われているデータベースシステムへのデータ転送方式に関する技術について、日本国、米国につづき中国特許を取得いたしました。


【特許の概要】
本特許は、ネットワークを介してデータベースシステムへの通信手順を解析し、往復回数を減らすとともに、通信データをまとめ圧縮転送解凍し、元の通信手順を復元する技術であり、データの転送速度を高めデータベースの利用効率を高めることができるものであります。当技術を活用することにより、ネットワークの有効な実行帯域を無駄にすることなく、高速かつ安全なシステム環境を導入できることとなります。 今後5年間で中国のワイヤレス通信サービス市場の浸透率が35%から70%に成長し、日本を追い越し米国に続く世界第2位のブロードバンド市場に成長するとの見通しがある中、当社は、同技術及び周辺技術を応用発展させ、ネットワークを流れるデータ通信を制御するソフトウエアを軸にシステムソリューションを提供し、本特許を活用し中国へ進出する日系企業向けにも通信技術面での支援をおこなってまいります。



=本件に関する報道関係お問合せ先=
株式会社デジタルデザイン
担当:佐藤、山崎
TEL: 06-6363-2322
電子メール:inf@d-d.co.jp


※掲載文中では、TM、(R)マークは原則として明記しておりません。