CorporateCAST [コーポレートキャスト]

仕事で使う動画共有

トップページ製品概要 > 導入による効果・活用シーン

導入による効果・活用シーン

なぜ仕事で動画共有なのでしょう?動画共有の技術を導入するといったいどんなメリットがあるのでしょう?

動画なら、仕事がはかどる! しっかり伝わる!

動画なら文書では伝えられないことが一目瞭然。微妙なニュアンスや、その場の空気まで、様々な角度から多角的に捉えることができます。

イメージ携帯電話や、電子メールがそれまでの仕事の姿を一変させたように、「CorporateCAST」による「仕事品質の動画共有」が、あなたの今までの仕事をより効率的に、高品質に変えていきます。文字や、写真、図面では伝え切れなかったことも、動画なら一目瞭然。
その場の雰囲気から、さまざまなアングル、作業の流れを時系列でわかりやすく伝えることができます。しかも、誰でも簡単に取り扱える「仕事品質の動画共有」なら、導入してすぐにでも有効的に活用することが可能です。いままで、専門の技術者にしかできない高度な作業だった動画の取り込みから、変換、サイトでの共有までをあなたのPCで実現する「CorporateCAST」が、ビジネスを新たなステージへ導きます。

今までの仕事に動画をプラス。情報の質と量がアップします。業務マニュアル+動画、社内教育+動画、報告書+動画、提案書+動画、イベント記録+動画、etc。

今までの日々の業務に動画を取り入れるだけで、詳細な内容の伝達と、正確な内容の理解を実現します。会議やイベントの内容が臨場感をともなって詳細に報告・確認ができ、組織内の情報格差が解消されたり、実際の手順や動き方もわかりやすくなり、新人の礼儀作法の教育から、作業工程の指示などに応用できます。表現が難しく、複雑な内容でも的確に伝えられ、トラブルや事故の防止にもつながります。

動画共有は、あらゆるシーンで活用できます。
制作・技術部門
● マニュアルや手順書の補足資料に。
● 勉強会の資料やノウハウの蓄積に。
営業・販促部門
● 商材PRやプレゼンーションなどの営業ツールに。
● 展示会・イベントなどPR活動の実績報告に。
● 会議や打ち合わせの周知報告に。
人事・教育部門
● 新入社員や管理職向け研修プログラムに。
● 商品知識、業務知識の研修や勉強会などの報告に。
企画・マーケティング部門
● 視察、調査活動などの実績報告に。
● プレゼンテーションの補足資料に。
広報部門
● 社長メッセージをはじめ、企業PRに。
● 各種企業活動の実績報告に。

動画なら、距離も、時間も超えて見せる!届ける!

「もっと見たい」、「ここを見せたい」を一挙に解決。距離や時間に関わり無く、全国どこでも同じ物を、いつでも簡単に配信・確認することができます。

「CorporateCAST」の動画共有を導入するだけで、圧倒的な効率とスピードをあなたのビジネスに実現することになります。遠隔地にいることで届かない情報や、ノウハウも、動画を共有することにより、全国どこにいても同じように閲覧することができ、今までセミナーや会議に参加しなければ伝えられなかった内容が、時間もコストもかけずに配信・確認することが可能となります。

イメージ
動画共有がさまざまな問題を解決します。
これまでは・・・
テキストや画像だけの資料では限界があり、社内、支店、各拠点間の業務品質やサービスレベルにムラが発生してしまう。
動画共有なら・・・
指示や報告を、より正確で的確に共有することにより、社内のナレッジやノウハウの構築を飛躍的に向上させ、高い業務効率と生産性を実現します。
これまでは・・・
たびたび開かれる講習会や研修会出席のための資料の制作の手間やコストをはじめ、移動の時間等、人的コスト負担も大きい。
動画共有なら・・・
業務講習、研修内容を“いつでも、どこでも”手軽に何度でも閲覧することが可能になり、時間とコストを大幅に削減します。
これまでは・・・
社内での情報共有はメール中心となり、ナレッジマネージメントやブログなどのグループウェアでは、思うような情報共有効果は得られていない。
動画共有なら・・・
部門間や本支店間での時間的な制約や環境的な制限などによる障壁を解消し、情報共有の質と量を画期的に高めます。

さまざまな情報や知的財産の新たな活用で、業務品質をさらに向上。

動画共有がもたらす新しい価値で、新たな発見と可能性の創造を実現させます。

これまで埋もれていた書類やカタチにできなかったノウハウ、見過ごしていた記録も有効に活用することができるようになり、業務品質の向上はもちろん、今までに無かった部署間の連携や、新たなアイデアの創出により、ビジネスチャンスにもつながります。

イメージ

ページの先頭へ戻る